旅行記・写真・旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
観光情報 [埼玉県]

妖怪マップ片手に散策を

日本/埼玉県

昨年(2009年)はNHKの連続テレビ小説「つばさ」で川越の町は大変賑わいました。今年は人気妖怪漫画家水木しげる・ふみえご夫妻の「ゲゲゲの女房」人気が高まり妖怪ブーム到来の観があります。

当地川越でも川越城七不思議や喜多院七不思議を始め、蔵造りの町並み周辺の寺院には、伝説や不思議話が残され多くの妖怪たちが登場します。ガイドの案内を聞きながら妖怪ポイントを辿ってみてはいかがでしょうか。

~川越市シルバー人材センター観光案内グループより~

旅行時期 [2010年10月]

小江戸川越の伝説、妖怪話

雪の夜に殺した白狐の祟りで火の玉が出没。稲荷を建てて供養。

杉の老木に住む天狗の団扇。しゃぶき婆・あご無し地蔵に願掛け。

川越夜戦で敗れた上杉方の怨霊が夜盗虫となって出没。


【裏宿通り】

【行傳寺】

【養寿院】

新田義貞所縁の小夜姫稲荷。伊豆守信綱の実家・川越藩の化物屋敷。

家老下川家の奥方、毎夜便所に出没する河童の妖怪の手を切断。

初代川越藩主・酒井重忠を苦しめた戦絵屏風を養寿院に納める。


【大蓮寺】

【濯紫公園】

【鳥山神社】

市内各所に現れる火の玉の妖怪を発祥地に因み「だいれんじび」と称す。

濯紫公園下の新河岸川は蛍の名所だった。この付近は戦に敗れた人々の思いが強い。

太田道灌、この森を伐採。願書出現で神社を建立。川越藩士が3年にわたる神隠しに遭遇。

川越妖怪めぐりに参加


【蔵造りの町周辺の妖怪スポットを散策】

2010年10月3日(日)、川越市中心市街で「小江戸川越の伝説・妖怪めぐり」が開催されました。このイベントは全国的な妖怪ブームに呼応し、川越市シルバー人材センターが企画したもので、当日はたくさんの人が参加しました。


【白狐のたたり(雪塚稲荷神社)】

川越の妖怪スポットを散策

散策コースは、りそな銀行川越支店を出発→行傳寺(河童)→雪塚稲荷(白狐)→養寿院前(戦絵屏風)→裏宿通り(化け物屋敷)→広済寺(天狗)→東明寺付近(夜盗虫)→大蓮寺裏(火の玉の妖怪)→河畦の散策(戦に破れた人の思い)→烏山神社(神隠し)→蓮磬寺で解散。約2時間のコースでした。


【あごなし地蔵(広済寺)】

川越は妖怪スポットの宝庫

妖怪スポットの案内は川越の町に精通しているシルバーガイドさんたち。今回は蔵造りの町周辺の寺社や路地裏をめぐりましたが、川越の民話と伝説には妖怪話が多く「川越城の七不思議」「喜多院の七不思議」など、まだまだ不思議な場所があるとのことでした。

川越妖怪めぐりのご案内

名称 小江戸川越の伝説・妖怪めぐり
場所(住所) 埼玉県川越市 蔵造りの町周辺 地図で確認
交通アクセス 【電車】西武新宿線「本川越駅」下車、徒歩10分
電話番号 049-222-2075(川越市シルバー人材センター)
備考

川越第一ホテル
川越駅東口から徒歩3分と便利。ビジネスや観光の拠点にぜひ。小江戸川越散策などのレジャーやビジネスの行動拠点に便利なロケーション。全室インターネット接続対応・冷蔵庫・シャワートイレ標準設置。シングルは全室セミダブルベッド使用!禁煙ルームも有り。

関連記事・参考情報

お出かけ時の注意について

各記事の内容は掲載時の情報です。現状では異なる可能性があります。
営業時間や料金など変更になっている場合がありますので、
お出かけの際は、公式サイト等で最新の情報をご確認ください。

サイト内を検索する
▲このページのトップへ