旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
観光情報 [埼玉県]

喜多院の厄除け護符

日本/埼玉県

千年前に第18代天台座主となった慈恵大師良源(じえだいしりょうげん)は、神秘奇跡を数多く残しました。その慈恵大師を祀る喜多院は、厄除けのお大師さまと呼ばれ信仰を集めています。

慈恵大師は、正月3日に入滅されたことから元三大師(がんざんだいし)とも呼ばれます。大師はあるとき、2本の角を立てた鬼の姿となって疫病神を退散させました。その姿を写した病魔退散の「角大師(つのだいし)」の護符を戸口に貼ると悪疫が家に入るのを防ぐといわれています。

また、33体の豆粒のような慈恵大師の影像を刷った「豆大師(まめだいし)」の護符は、「観音様は33の姿に変わり人々を救う」という法華経の話に基づいてつくられたもので、災難除の護符として知られています。

旅行時期 [2008年]

苦抜き地蔵尊

喜多院の境内、慈恵堂に向かってすぐ左側に、「苦抜き地蔵さん」と呼ばれるお地蔵さんが立っています。昭和32年(1957)、本間さんという方が堂の改築を記念して奉納しました。

苦抜き地蔵は川越願いごとめぐりの一つです。いつ見ても色とりどりの旗に囲まれ、赤いよだれかけをつけています。願を掛けると、「世の中のすべての苦しみを取り去り、楽しいことを授けてくださる」といわれています。

【川越市】川越願いごとめぐり 川越市の寺社めぐり

大黒堂

慈恵堂に向かって右側には、川越七福神めぐりの一つ、大黒天を祀る大黒堂があります。喜多院に祀られている大黒天は開運出世大黒尊天といわれ、古くから人々に信仰されています。※正月初詣の際は大黒堂での拝観ができなくなります。大黒天は特設の場所に移動するので注意。

【川越市】小江戸川越七福神めぐり(七草寺めぐり)

松平大和守廟所

本堂裏に松平大和家の廟所があります。松平大和守は結城秀康を祖とする御家門の家柄で、川越藩主を明和4年(1767)から慶応2年(1866)まで、7代100年にわたり務めました。喜多院には、このうち川越で亡くなった5人の藩主が眠っています。

北側に4基並んでいるのは、向かって右から松平朝矩(とものり)、直恒(なおつね)、直温(なおのぶ)、斉典(なりつね)。南側の1基は直侯(なおよし)です。

どろぼう橋

ここ喜多院と東照宮の境内は御神領で、江戸幕府の御朱印地でもあったため、川越藩の町奉行では入ることができませんでした。

ある時、一人の盗賊が町奉行の捕り方に追われ、この橋から境内に逃げ込みました。盗賊は慈悲深い寺僧たちにかくまってもらうと、厄除元三大師に心から罪を許してもらえるよう祈りました。

その後、盗賊は改心して真人間になり、全く悪事を働くことなくまじめに一生を過ごしたといいます。それ以来、この橋のことを「どろぼう橋」と呼ぶようになりました。

六角太子堂と木遣塚

境内のみやげ品店そばに、聖徳太子を祀る太子堂があります。喜多院太子堂の縁起によると、

・ 弘化4年(1847)3月、当山末寺混合院境内地に創建
・ 明治以後廃寺にともない日枝神社境内に移す
・ 更に明治42年3月に現在の多宝塔建立地に移築
・ 昭和47年11月、現在の場所に六角太子堂として再興

天海僧正お手植えの槙

大黒堂の裏手に、喜多院の御神木である槇(まき)の巨木があります。天海僧正のお手植えで樹齢約350年だそうです。

御神木というと神社の境内にあるものですが、天台宗では神仏習合といって神様と仏様を同じく礼拝します。

喜多院厄除けのご案内

名称 喜多院で厄除け、護摩修行
場所(住所) 埼玉県川越市小仙波町1-20-1 地図で確認
志納料 四千円、八千円、一万五千円、三万円(特別連月護摩) ※車祈願など詳しくはお問い合わせ下さい。
時間 11:30、13:30、15:00
駐車場 喜多院に有料駐車場あり
電話番号 049-222-0859(喜多院拝観寺務所)
備考

川越駅から徒歩1分と便利。男性専用、大浴場付のカプセルホテルです。ビジネスや観光、また終電に乗り遅れた時、ゆったりくつろぎたい時などお気軽にご利用ください。館内無料Wi-Fi、客室内コンセント完備。東武東上線「川越」駅から徒歩1分、JR「川越」駅から徒歩1分、西武新宿線「本川越」駅から徒歩12分。

関連記事・参考情報

お出かけ時の注意について

各記事の内容は掲載時の情報です。現状では異なる可能性があります。
営業時間や料金など変更になっている場合がありますので、
お出かけの際は、公式サイト等で最新の情報をご確認ください。

サイト内を検索する
▲このページのトップへ