旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
観光情報 [埼玉県]

所沢市民文化フェアについて

日本/埼玉県

所沢市民文化フェアは、毎年4月の第1土曜日・日曜日に所沢航空記念公園(航空公園)で開催されるイベントです。

所沢市民文化フェアは、「所沢のまちづくり、新しい市民文化創造」を目指して「文化」と「航空発祥」をテーマに、航空発祥75周年の昭和61年(1986)にスタートしました。市民の自主的な参加で組織する実行委員会の主催により、毎回様々なイベントが行われます。

所沢市民文化フェアが開催される時期は毎年ちょうど桜が見頃になり、市内外から多くの人が訪れて大変にぎわいます。航空公園の桜の開花状況は、所沢市公式ウェブサイトで確認できます。

旅行時期 [2008年4月]

航空公園の桜の写真


【航空公園でお花見】

日本航空発祥の地として知られる所沢市。飛行場跡地を公園にした所沢航空記念公園には、ソメイヨシノをはじめヤマザクラなど約500本の桜が植えられています。


【スペースシャトルのモニュメント】

2008年3月で30周年を迎える「航空公園開園30周年」を記念して、花でつくられたスペースシャトル型のモニュメントです。満開の桜の下、まるで大空に飛び立つかのようですね。このモニュメントは毎日、夕方から夜10時までライトアップされています。


【空を見上げる航空整備兵】

サクラ(ソメイヨシノ)について

サクラはバラ科の落葉高木です。花期は3月下旬から4月。ソメイヨシノの名前の由来は、江戸末期に東京染井村(現在の豊島区駒込)の植木屋が「吉野桜」として売り出したのが起源です。オオシマザクラとエドヒガンの交配種と言われ、最もよく見られる種です。


【桜のトンネル】

航空公園の桜スポット

所沢航空記念公園には、所沢図書館東側の桜、放送塔北側の桜、木村・徳田両中尉記念塔の西側の道につづく「桜のトンネル」など、見応えのあるサクラスポットがいくつもあります。ぜひ所沢市民文化フェアと合わせ、航空公園の桜散策を楽しんでみて下さい。

(次ページ、航空公園発見ツアー、花木、紅葉に続く)

所沢航空記念公園のご案内

名称 所沢航空記念公園(ところざわこうくうきねんこうえん)
場所(住所) 埼玉県所沢市並木1丁目13番地 地図で確認
開園時間 終日開放
料金 無料
交通アクセス 【電車】西武新宿線「航空公園駅」東口から徒歩すぐ。【車】関越自動車道 所沢I.Cから国道463号を所沢市街方向へ約6km。
駐車場

航空公園駐車場

記念館駐車場(航空発祥記念館側)、北駐車場(市民文化センター側)、東駐車場(ドッグラン側)、南駐車場(子供冒険広場側)

駐車場料金 2時間まで無料、その後1時間ごとに100円
電話番号 04-2998-4388(公園管理事務所)
備考

所沢駅南口より徒歩2分30秒、駐車場無料。インターネット無料。ゆとりある客室にセミダブルベッド、足を延ばせる140cmのバスタブを完備したお部屋は冬でも喉を痛めない加湿空調を全部屋に設備しています。インターネット(有線・WiFi)無料。朝食は美味と評判です。

関連記事・参考情報

お出かけ時の注意について

各記事の内容は掲載時の情報です。現状では異なる可能性があります。
営業時間や料金など変更になっている場合がありますので、
お出かけの際は、公式サイト等で最新の情報をご確認ください。

サイト内を検索する
▲このページのトップへ