旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
地理雑学 [日本地理]

日本の島の数はいくつ?

日本の島の数は、6,852島です。本土5島、離島6,847島(北方領土を含む)。この数は海上保安庁の調査により、海岸線の長さが100メートル以上の島を数えたものです。

島の数は「島の定義」によって変わるので、例えば海岸線の長さが100メートル未満のものを含めるとその数はもっと多くなります。現在は「昭和62年版海上保安庁の現況」、「第39回日本統計年鑑(平成元年)」で発表された6,852島が日本の構成島数になっています。

日本で島の数が一番多い都道府県はどこ?

日本で島の数が一番多い都道府県は、長崎県です。長崎県は北東部が佐賀県に接するほかはすべて海に面し、壱岐(いき)、対馬(つしま)、平戸島(ひらどしま)、五島列島など大小様々な島が 971島あります。

島の数が多い都道府県ランキング

順位都道府県名島数備考
1.長崎県971
2.鹿児島県605
3.北海道508北方領土を含む
4.島根県369
5.沖縄県362
6.東京都330
7.宮城県311
8.岩手県286
9.愛媛県270
10.和歌山県253

海上保安庁水路部調べ

関連記事

サイト内を検索する
地図サービス [Google Maps]

地図の場所: 日本の島の数はいくつ? / 日本で島の数が一番多い都道府県はどこ? /

ストリートビュー: 長崎県の観光名所、軍艦島 / 軍艦島の北東側 /

コントロールを表示 マーカーを表示
▲このページのトップへ