旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
観光情報 [埼玉県]

水生植物園とホタル観察

日本/埼玉県

古代蓮池から北へ進むと、広さ約5,700平方メートルの水生植物園があります。この水生植物園では、今はあまり見られなくなってしまった行田生まれの水草など、珍しい水辺の植物を間近から観察できます。また、園内にはトンボや蝶などの昆虫類や野鳥類も多く生息し、自然観察には絶好の場となっています。

6月中旬から7月中旬になると水生植物園奥のホタルの島周辺では、ホタルを観賞することができます。6月下旬には古代蓮の里ホタルの会の案内による観賞会が開かれます。

旅行時期 [2008年7月]

古代蓮の里の写真(3)


【キバナハス】

【ホテイアオイ】

【カエル】

【水面に浮かぶように咲くスイレン】

行田市の古代蓮の里では、古代ハスの花が咲き終わった後にもいろいろな水生植物を楽しむことができます。8月中旬から9月上旬になると水生植物園では、オニバスやスイレンをはじめ、アサザ、コウホネ、ガガブタなどが色とりどりの花を咲かせます。


【可憐な黄色い花を咲かすアサザ】

水生植物園には、アサザとヒメシロアサザの2種が咲いています。白い花を咲かせるヒメシロアサザは、環境庁がまとめた絶滅の危機にある生物情報集「レッドデータブック」にも紹介されている貴重な植物です。


【ホタル飛び交う古代蓮の里、ホタルの川】

古代蓮の里ホタルの会

古代蓮の里ホタルの会の皆さんにより、公園の一角にホタルの住む場所をつくり、ホタル(ヘイケボタル)の幼虫を放流して、ホタルの復活をめざす活動をしています。

ホタルが飛び交う時期は6月中旬~7月下旬、よく飛ぶ時間は公園消灯後の7:40~8:30です。6月下旬にはホタルの会の案内による観賞会が開かれます。

古代蓮の里のご案内

名称 古代蓮の里(こだいはすのさと)
場所(住所) 埼玉県行田市小針2375番地-1 地図で確認
開園時間 終日開放
休業日 特に休業日なし
料金 無料(※蓮の花が咲く時期も無料です)
駐車場 駐車場あり(普通車490台、大型バス8台)
駐車場料金 ハス開花時期の6月中旬から8月中旬まで有料になります。それ以外の時期は無料です。普通、小型、軽自動車1台あたり1日500円。乗合型自動車1台あたり1日1500円。
電話番号 048-559-0770(古代蓮の里事業部)
備考

朝食バイキング無料サービス。大浴場『旅人の湯』。平面無料駐車場136台完備。全室 Wi-Fi・LAN無料接続可能。加湿機能付き空気清浄機 全室完備◆◆国道17号線沿い、熊谷へもお車で約20分の立地。

関連記事・参考情報

お出かけ時の注意について

各記事の内容は掲載時の情報です。現状では異なる可能性があります。
営業時間や料金など変更になっている場合がありますので、
お出かけの際は、公式サイト等で最新の情報をご確認ください。

サイト内を検索する
▲このページのトップへ