旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
観光情報 [埼玉県]

道灌の山車について

日本/埼玉県

川越市連雀町の道灌の山車(どうかんのだし)は、二重鉾、四つ車、唐破風つきの屋根を持つ囃子台で、廻り舞台になっています。川越の山車の中では最も横幅が広い山車です。

山車は宮大工 印藤順造の作で昭和27年に完成しました。人形は河越城・江戸城を上杉持朝の命で築城した太田道灌を題材にした「道灌の狩り装束の勇姿」で西田光次の作。唐破風の龍の彫刻は、名人 島村源三の作です。

囃子の流派は堤崎流で雀会囃子連(すずめかいはやしれん)。連雀町「道灌の山車」は、平成14年10月19日に川越市歴史文化伝承山車の指定を受けました。

旅行時期 [2008年10月]

道灌の山車の写真


【「道灌の山車」の蔵(熊野神社側から)】

蓮雀町の交差点近くに「道灌の山車」の蔵があります。熊野神社に隣接するこの山車庫はガラス張りになっており、川越祭り以外の日でも山車を見学することができます。


【「道灌の山車」の蔵(歩道側から)】

【連雀町 道灌の山車】

【道灌の山車で本郷流祭囃子】

道灌の山車のご案内

名称 連雀町「道灌の山車」(れんじゃくちょう どうかんのだし)
場所(住所) 埼玉県川越市連雀町17-1 地図で確認
交通アクセス 【電車】西武新宿線「本川越駅」下車、徒歩10分
電話番号 049-225-4475
備考

川越駅から徒歩1分と便利。男性専用、大浴場付のカプセルホテルです。ビジネスや観光、また終電に乗り遅れた時、ゆったりくつろぎたい時などお気軽にご利用ください。館内無料Wi-Fi、客室内コンセント完備。東武東上線「川越」駅から徒歩1分、JR「川越」駅から徒歩1分、西武新宿線「本川越」駅から徒歩12分。

関連記事・参考情報

お出かけ時の注意について

各記事の内容は掲載時の情報です。現状では異なる可能性があります。
営業時間や料金など変更になっている場合がありますので、
お出かけの際は、公式サイト等で最新の情報をご確認ください。

サイト内を検索する
▲このページのトップへ