旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
観光情報 [埼玉県]

薬師神社について

日本/埼玉県

時の鐘の奥にある薬師神社(やくしじんじゃ)は、元は薬師堂といい江戸時代には「市の神」として栄えていました。

もと本町にありましたが現在地へ移り、瑞光山医王院常蓮寺(ずいこうざん いおういん じょうれんじ)という寺になりました。その後、明治の神仏分離の際に薬師神社と改称しました。明治26年の川越大火で「時の鐘」とともに焼失しましたが、翌年には再建されました。

薬師神社の本尊は薬師如来の立像で高さ60cm、行基(ぎょうき)の作といいます。五穀豊穣、家運降昌、特に病気平癒のご利益があり、眼病には著しい効果があると伝えられています。

旅行時期 [2008年10月]

薬師神社の写真


【薬師神社は時の鐘をくぐった奥です】

川越のシンボル・時の鐘の奥に、薬師神社という小さな神社があります。眼病に著しい効果があるそうで「めめ」と書かれたたくさんの絵馬が奉納されています。


【眼病平癒の薬師神社】

薬師神社から振り返ると時の鐘の裏側が見えます。見上げれば鐘を打つ様子も眺められます。


【川越小唄の石碑】

鐘突堂の入口に「川越小唄」という石碑があります。川越小唄は昭和の初めに川越の賑わいと共に軽妙なお座敷唄として一世を風靡した唄です。

川越小唄
  西條八十 作詞
  町田嘉章 作曲

春はうらうら
多賀町あたり
  鐘も霞の
    ヤンレヤレコノ
      中で鳴る
鐘もかすみの中で
  鳴る

昭和四十五年一月十二日
旧多賀町薬師講

桃林書
山崎石材店刻


【薬師稲荷】

薬師稲荷について

薬師神社に向かって右側の奥には、稲荷社があります。こちらは、「出世、開運、合格」に著しいご利益があるとのこと。見過ごし通り過ぎてしまいそうな場所にある神社ですが、時の鐘を見た後に参拝してみてはいかがでしょうか。

薬師神社のご案内

名称 薬師神社(やくしじんじゃ)
場所(住所) 埼玉県川越市幸町15-2 地図で確認
拝観 境内自由
交通アクセス 【電車】西武新宿線「本川越駅」下車、徒歩15分
電話番号 049-222-5556(川越駅観光案内所)
備考

川越駅から徒歩1分と便利。男性専用、大浴場付のカプセルホテルです。ビジネスや観光、また終電に乗り遅れた時、ゆったりくつろぎたい時などお気軽にご利用ください。館内無料Wi-Fi、客室内コンセント完備。東武東上線「川越」駅から徒歩1分、JR「川越」駅から徒歩1分、西武新宿線「本川越」駅から徒歩12分。

関連記事・参考情報

お出かけ時の注意について

各記事の内容は掲載時の情報です。現状では異なる可能性があります。
営業時間や料金など変更になっている場合がありますので、
お出かけの際は、公式サイト等で最新の情報をご確認ください。

サイト内を検索する
▲このページのトップへ