旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
観光情報 [埼玉県]

小江戸蔵里について

日本/埼玉県

川越市の新富町にある小江戸蔵里(こえどくらり)は、鏡山酒造(※1)の跡地を改装してできた施設(産業観光館)です。川越市が新たな観光拠点として2007年度から2年かけて整備し、2010年10月1日にオープンしました。

小江戸蔵里は、おみやげ処(川越のお土産や特産品が並ぶ)、まかない処(地域の食材を利用したレストラン)、くら市場(手づくり惣菜と新鮮な地元野菜を販売)、つどい処(様々な催しに利用できる交流スペース)からなります。

※1. 鏡山酒造(かがみやましゅぞう)は、1875年(明治8)創業の造り酒屋です。2000年に廃業しましたが、鏡山酒造の跡地には、明治・大正・昭和にかけて建てられた3つの酒造蔵が残っていました。小江戸蔵里は、これらの蔵を活用した施設です。

旅行時期 [2010年3月]

小江戸蔵里の写真


【小江戸蔵里(クレアモール側入口)】

西武新宿線「本川越駅」に近い商店街の中に、川越の新しい観光スポット・小江戸蔵里があります。元々この場所は創業125年の歴史を持つ「鏡山酒造」の跡地で、明治から昭和にかけて建てられた3つの酒蔵がありました。小江戸蔵里はそれらの蔵を改装したした施設で、おみやげ処(明治蔵)、まかない処(大正蔵)、くら市場(昭和蔵)からなっています。

おみやげ処(明治蔵)は、小江戸蔵里限定の和菓子や食品、地域を代表する老舗店・有名店のお土産品や特産品が並びます。

まかない処(大正蔵)は、小江戸川越を代表する日本酒や地ビール、地元の食材を活かした料理が楽しめます。レストラン「八州亭(はっしゅうてい)」では、さつま芋がテーマの御膳など地産地消の和風創作料理を味わえます。

くら市場(昭和蔵)は、手づくり惣菜のコーナーと、地元生産者が収穫し毎日直接蔵に運んでくる、安心・安全で新鮮な野菜を販売するコーナーがあります。

小江戸蔵里のご案内

名称 小江戸蔵里(こえどくらり)
場所(住所) 埼玉県川越市新富町1丁目10番地1 地図で確認
営業時間 おみやげ処(明治蔵) 10:00~18:00
まかない処(大正蔵) 11:00~22:00
くら市場(昭和蔵) 9:00~18:00
つどい処(展示蔵) 9:00~21:30
定休日 なし(臨時休館日あり)
交通アクセス 【電車】西武新宿線「本川越駅」下車、徒歩5分/JR・東武東上線「川越駅」下車、徒歩15分
駐車場 駐車場なし(公共交通機関をご利用ください)
電話番号 049-228-0855
備考

川越駅から徒歩1分と便利。男性専用、大浴場付のカプセルホテルです。ビジネスや観光、また終電に乗り遅れた時、ゆったりくつろぎたい時などお気軽にご利用ください。館内無料Wi-Fi、客室内コンセント完備。東武東上線「川越」駅から徒歩1分、JR「川越」駅から徒歩1分、西武新宿線「本川越」駅から徒歩12分。

関連記事・参考情報

お出かけ時の注意について

各記事の内容は掲載時の情報です。現状では異なる可能性があります。
営業時間や料金など変更になっている場合がありますので、
お出かけの際は、公式サイト等で最新の情報をご確認ください。

サイト内を検索する
▲このページのトップへ