旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
観光情報 [埼玉県]

広瀬神社の大ケヤキについて

日本/埼玉県

広瀬神社(廣瀬神社)の境内には、しめなわを結んだ2本の大ケヤキがあります。このケヤキについては江戸時代末期の書物「新編武蔵風土記稿」の広瀬神社の項に、「……社辺に竹樹生茂り中にも古木の大槻(けやき)三株あり、是を神とす。一は囲二丈、一は囲一丈五尺、一は二丈六尺余なり、是等を見て旧跡たることしるべし……」とあります。

巨樹巨木調査報告書(1991年環境庁)によると、大ケヤキは高さ約32メートル、周囲約6.3メートルと記録されています。普通、ケヤキの高さは20メートルぐらいなので、このケヤキは稀に見る巨木といえます。なお、以前は3本あったのですが1本は落雷によって枯れてしまいました。

旅行時期 [2008年12月]

広瀬神社の大ケヤキの写真


【境内中央のケヤキ(御神木)は高さ32m】

樹齢800年と伝えられる広瀬神社の御神木では、初夏にはアオバズク(青葉梟:フクロウ科の鳥)やツミ(タカ科の鳥)の営巣などの野鳥観察ができるそうです。


【舞楽殿となりのケヤキは高さ27m】

身近な緑が姿を消しつつあるなかで貴重な緑を守り次の世代に伝えようと、広瀬神社の社叢が平成2年3月「ふるさとの森」に指定されました。
※平成22年4月1日、ふるさとの森の指定を解除。

広瀬囃子(ひろせばやし)について


【広瀬囃子連による広瀬囃子】

県内でも珍しい神田古囃子を今に伝える広瀬囃子は、江戸時代末期(万延・文久年間)に、笛の村木佐平(むらき さへい)と天孤の飯島喜十郎(いいじま きじゅうろう)らが中心となって、神田囃子を学んだことに始まるといわれています。

曲目は「屋台」「聖天」「大馬」「鎌倉」「師調目」「仁羽」など6曲あり、使用楽器は大太鼓1、小太鼓2、鉦1、笛1となっています。(参考: 川越祭りのお囃子


【広瀬神社の元旦祭】

毎年、広瀬神社の元旦祭、禅龍寺の節分会、広瀬神社春祭り、秋祭り、広瀬浅間神社の火祭りなどに奉納囃子が行われます。

(次ページ、広瀬神社の不朽梅、ねじれ梅の木に続く)

広瀬神社のご案内

名称 広瀬神社(ひろせじんじゃ)
場所(住所) 埼玉県狭山市広瀬2-23-1 地図で確認
拝観 境内自由
交通アクセス 【バス】西武新宿線「狭山市駅」西口から飯能行きのバスで「上広瀬」下車、徒歩5分
駐車場 駐車場あり
駐車場料金 無料
電話番号
備考

特急停車駅の狭山市駅東口より徒歩1分の好立地で、しかも駐車場は無料(1部屋につき1台分)。シングル/ツインルームはセミダブルベッドでゆったりと。全客室高速LAN回線によるインターネット対応です。

関連記事・参考情報

お出かけ時の注意について

各記事の内容は掲載時の情報です。現状では異なる可能性があります。
営業時間や料金など変更になっている場合がありますので、
お出かけの際は、公式サイト等で最新の情報をご確認ください。

サイト内を検索する
▲このページのトップへ