旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
地理雑学 [世界の自然]

世界で一番面積の大きい国はどこ?

世界で一番大きい国(広い国)は、ロシアです。面積は1,707万平方km、日本の約45倍の広さです。2番目に大きい国はカナダで面積は998.5万平方km、第3位はアメリカです。なお、国の面積は、計算方法や世界情勢の変化により変わる場合があります。

(小さい国については、世界で一番小さい国はどこ?を参照)

日本の面積は世界で何番目くらい?

日本の面積は37.8万平方kmです。世界の国の数は190余りあり、日本の面積は60番目くらいといわれています。世界の国々の面積を合わせると、約1億3600万平方km。日本の面積は37.8万平方kmなので、日本のしめる割合は約360分の1になります。

大きい国ランキング(面積)

順位国名面積参考
1.ロシア約 1,707万 km2日本の約45倍
2.カナダ約 999万 km2日本の約26倍
3.アメリカ約 963万 km2日本の約25倍
4.中国約 960万 km2日本の約25倍
5.ブラジル約 851万 km2日本の約23倍

「2011年6月現在の外務省の各国基礎データ」より

関連記事

サイト内を検索する
地図サービス [Google Maps]

地図の場所: ロシア(世界で一番大きい国) / カナダ / アメリカ合衆国 / 中国 / ブラジル /

コントロールを表示 マーカーを表示
▲このページのトップへ