旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
海外情報 [ベトナム]

ダナンのお勧め料理

ベトナム

ダナンの名物料理は、カニを丸揚げして塩コショウでこってり炒めたクア・ラン・ムーイ(Cua Rang Moui)とのこと。ダナンでの魚介類の安さと新鮮さは折り紙つき。獲れたての旬の魚を使ったシーフードはどれもお勧めです。

ベトナムは歴史的に中国との関係が深かったことや、かつてフランスによって支配されていた影響から、主食のご飯のほかにフォー(米麺)やフランスパンもあります。

フォーは米の粉でつくった幅広の麺、ベトナムのうどんです。市場や路地裏などには必ずフォーの店があります。牛肉入りはフォーボー、鶏肉入りはフォーガーといいます。いずれもさっぱりした味わいが特徴で、5,000ベトナムドン(約35円)くらいで気軽に食べられます。

旅行時期 [2004年4月]

ダナンの写真(2)


【ハイバン峠からの眺め】

ハイバン峠(Hai Van Pass)はダナンとフエの間にある海抜496mの峠です。ベトナムの北部と南部の境目になっており、気候も人々の気性も(顔の形までも!)この峠を境に大きく変わるといわれます。

ベトナム語でハイは海を、バンは雲を表します。その名のごとく山にはよく雲がかかります。しかし晴れたときの峠からの眺めはすばらしく、チュオンソン山脈と南シナ海が一望できる絶景スポットです。


【ハイバン峠の砦】

峠の頂上には、19世紀初めにフランス軍が設置した砦(要塞)があります。この砦は第二次世界大戦中に日本軍も使ったといいます。また観光バスの休憩所でもあり、周りにはたくさんのお土産屋が並んでいます。

ハイバントンネルについて

ダナンからベトナムきっての観光地フエに向かうには、2005年に開通したハイバントンネル(Hai Van Tunnel)を使うのが一般的です。

ハイバントンネルは全長6,280メートル、東南アジアでもっとも長いトンネルです。これによりダナンからフエの移動時間が、3時間から2時間余りに短縮されました。

※2004年当時はまだハイバン・トンネルが開通しておらず、峠を越えてランコー村へ向かいました。現在はトンネル経由のため、ハイバン峠は普通の観光ルートからは、はずれています。


【鳴き砂の海岸、ランコービーチ】

ランコービーチについて

鳴き砂の海岸で有名なランコービーチ(Lang Co beach)です。美しい白砂の広がるビーチを歩くと「キュッ、キュッ」と音がして、まるで新雪の上を歩いているようでした。


【白浜の美しい海岸、ランコービーチ】

現在、ハイバン峠のトンネル開通により、この地域はリゾート地として大型プロジェクトが相次いでスタートしているそうです。将来、ベトナム有数のリゾート地に変貌するものと思われます。


【ランコー村の教会】

ランコービーチのあるランコー村は、静かでのんびりとした雰囲気が漂う漁村です。村民の多くはカトリック信者で、村には大きな教会があります。ベトナムでは約80%が仏教徒、キリスト教は9%ほどです。


【ベトナムの伝統服アオザイを着た女性】

アオザイについて

ベトナムといえば民族衣装のアオザイ。ベトナムに行った女性のほとんどがオーダーメイドしたくなる、というほどの魅力をもつとか。

アオザイはウエストの上まで深いスリットの入ったブラウスとクアンというゆったりしたパンツを着て全身を包みます。本来、結婚式や正月に着る女性の正装ですが、日常では学生の制服(高校生の女の子は、白いアオザイが制服です)や、ホテル、銀行などサービス業の制服としても使われています。

ダナンのご案内

名称 ハイバン峠と入り江の美しい漁村ランコー村
場所(所在地) ダナン 地図で確認
国名(地域名) ベトナム
備考

ベトナム旅行をお考えならJTBのベトナムツアーがおすすめ。フランス統治時代の面影が残るベトナム。ホーチミンやハノイでの街歩きや世界遺産観光、グルメ、雑貨ショッピングなどベトナムには旅の魅力が満載。

関連記事・参考情報

お出かけ時の注意について

各記事の内容は掲載時の情報です。現状では異なる可能性があります。
営業時間や料金など変更になっている場合がありますので、
お出かけの際は、公式サイト等で最新の情報をご確認ください。

サイト内を検索する
▲このページのトップへ