旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
観光情報 [愛知県]

二十五丁橋について

日本/愛知県

熱田神宮境内にある二十五丁橋(にじゅうごちょうばし)は、花崗岩製の板石を並べた反り橋(※1)です。板石が25枚並んでいることから二十五丁橋と呼ばれます。

二十五丁橋は、かつて神宮をめぐる堀に架けられていました。昭和11年(1936)の境内拡張に際し解体されましたが、昭和30年(1955)に現在の場所へ復元されました。

※1.反り橋(そりはし)とは、中央が高く、弓状にそった橋のこと

旅行時期 [2009年7月]

二十五丁橋の写真


【熱田神宮の二十五丁橋】

熱田神宮境内にある南神池のすぐ近くに「二十五丁橋」が架かっています。二十五丁橋は尾張名所図会(おわりめいしょずえ)や名古屋甚句(なごやじんく)で名高く、名古屋では最古の石橋といわれます。


【25枚の板石を並べた反り橋です】

【優雅な弧を描く二十五丁橋】

【南神池と清め茶屋】

【名古屋甚句(なごやじんく)】

名古屋甚句について

江戸時代末から、とくに明治にかけて名古屋地方でうたわれた民謡の曲名に「名古屋甚句」があります。この名古屋甚句の中では、「西行法師が二十五丁橋に腰を掛け、これほど涼しいこの宮を誰が熱田と名をつけた」とユーモラスに唄われています。

♪ア~宮の熱田の二十五丁橋でエ~ ア~西行法師が腰をかけ
 東西南北見渡して これ程涼しいこの宮を たれが熱田とヨ~ホホ
 ア~アア名をつけたエ~ トコドッコイ ドッコイショ♪

二十五丁橋のご案内

名称 二十五丁橋(にじゅうごちょうばし)
場所(住所) 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1 地図で確認
料金 無料(境内自由)
交通アクセス 【電車】名鉄名古屋本線「神宮前駅」下車、徒歩3分。または地下鉄名城線「神宮西駅」下車、徒歩10分
駐車場 駐車場あり(約400台)
駐車場料金 無料
電話番号 052-671-4153
備考

JR名古屋駅 太閤通口(新幹線口)徒歩4分。JR西日本グループ運営、ビジネスにも観光にも最適なホテル。全室個別空調、空気清浄機、無料wi-fi完備。全プラン焼きたてパンや名古屋名物だし茶漬けの無料朝食付。女性も安心レディースルーム完備。

関連記事・参考情報

お出かけ時の注意について

各記事の内容は掲載時の情報です。現状では異なる可能性があります。
営業時間や料金など変更になっている場合がありますので、
お出かけの際は、公式サイト等で最新の情報をご確認ください。

サイト内を検索する
▲このページのトップへ