旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
観光情報 [愛知県]

豊国神社について

日本/愛知県

愛知県名古屋市の中村公園内にある豊国神社(とよくにじんじゃ)は、豊臣秀吉の出生地を記念して、明治18年(1885)に建立された社です。

豊国神社では旧正月1日に神誕祭が、5月中旬には例祭(太閤祭り)が開かれます。特に太閤祭りでは、秀吉の出世にちなんで子供の成長を願う「稚児行列(ちごぎょうれつ)」が盛大に繰り広げられます。また、毎月9の付く日には中村公園駅から豊国神社までの参道で九の市(露店市)が開かれ、多くの地元の人たちでにぎわいます。

旅行時期 [2009年7月]

豊国神社の写真


【豊国神社の鳥居】

豊国神社は日本全国にありますが、ここ名古屋市の豊国神社は豊臣秀吉の生まれた中村にあるということで有名で、社殿の東側には「豊公誕生之地」と記された碑があります。

豊国神社周辺は中村公園として整備されています。東には秀吉が産湯に使ったという井戸がある常泉寺が、西には秀吉の一生を資料やパネルなどを使い展示している秀吉清正記念館(中村公園文化プラザ2階)があります。


【豊国神社の手水舎】

金色に輝く瓢箪(ひょうたん)が印象的な豊国神社の手水舎です。実は水が流れ出る所も瓢箪の形をしています。


【祭神 豊臣秀吉公】

拝殿に向かって右側には豊臣秀吉の肖像画が掲げられています。右手に扇(おうぎ)を持ち、白い直衣(のうし)という上着を着て、唐冠(とうかむり)という中国の冠をまねた冠をかぶっています。


【豊国神社の拝殿と本殿】

豊臣秀吉を祭神とする豊国神社は、出世、開運、茶道、建設などにご利益があるといわれています。全国にある豊国神社のうち、京都市東山区、大阪市中央区、滋賀県長浜市、そして名古屋市中村区にある豊国神社を豊国四社と呼びます。


【八幡社(はちまんしゃ)】

加藤清正が必勝祈願

豊国神社の北西にある八幡社は、加藤清正(名古屋城の設計、賤ヶ岳七本槍の一人として有名)が、出陣の際に必勝祈願をしたとされる社です。清正は幼いときから同郷の秀吉に仕え、数々の軍功をあげました。なお、中村公園に隣接する妙行寺は加藤清正建立の寺で、妙行寺には加藤清正誕生地の碑と清正の銅像があります。

(次ページ、中村公園内にある中村公園文化プラザに続く)

豊国神社のご案内

名称 中村公園(なかむらこうえん)
場所(住所) 愛知県名古屋市中村区中村町木下屋敷 地図で確認
開園時間 終日開放
料金 無料
交通アクセス 【電車】地下鉄東山線「中村公園駅」下車、徒歩10分
駐車場 駐車場あり
駐車場料金
電話番号 052-413-5525(中村公園案内所)
備考

JR名古屋駅 太閤通口(新幹線口)徒歩4分。JR西日本グループ運営、ビジネスにも観光にも最適なホテル。全室個別空調、空気清浄機、無料wi-fi完備。全プラン焼きたてパンや名古屋名物だし茶漬けの無料朝食付。女性も安心レディースルーム完備。

関連記事・参考情報

お出かけ時の注意について

各記事の内容は掲載時の情報です。現状では異なる可能性があります。
営業時間や料金など変更になっている場合がありますので、
お出かけの際は、公式サイト等で最新の情報をご確認ください。

サイト内を検索する
▲このページのトップへ