旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
観光情報 [愛知県]

帝冠様式について

日本/愛知県

帝冠様式(ていかんようしき)とは、鉄筋コンクリート造りの現代的な建築に、日本の城郭風の屋根を載せた和洋折衷の建築様式をいいます。

愛知県名古屋市の中区にある愛知県庁と名古屋市役所は、帝冠様式の代表作です。洋風の本体に城郭をイメージさせる瓦(かわら)屋根を乗せた特徴あるデザインになっています。

旅行時期 [2009年7月]

愛知県庁と名古屋市役所の写真


【名古屋市役所(左)と愛知県庁(右)】

地下鉄名城線「市役所」駅から地上に出ると、名古屋市役所と愛知県庁が目にはいります。二つとも「洋風の建物の上に和風の屋根がのっている」帝冠様式と呼ばれる外観です。


【愛知県庁】

愛知県庁本庁舎は昭和天皇御大典の記念事業の1つとして建設され、昭和13年(1938)3月に完成しました。地上6階地下1階、頂部の城郭風の屋根が特徴的です。


【愛知県庁(正面)】

愛知県庁の下層部は褐色のテラコッタタイルが、上部は白の磁器タイルが使われています。


【名古屋市役所】

名古屋市役所本庁舎は昭和天皇即位の記念事業として建設され、昭和8年(1933)に完成されました。地上5階地下1階、愛知県庁本庁舎と同じく帝冠様式です。


【名古屋市役所(正面)】

名古屋市役所には鯱が12体

名古屋市役所の中央塔上部には鯱(しゃち)をのせています。2層の屋根の軒先に4対(2x4体)、最上部にも4体のせ、全部で12体います。名古屋城のある名古屋市らしい建物です。

愛知県庁のご案内

名称 愛知県庁(あいちけんちょう)
場所(住所) 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番2号 地図で確認
様式 帝冠様式
竣工 昭和13年(1938)3月
設計 基本設計:渡辺仁、西村好時
実施設計:愛知県総務部営繕課
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造り、地上6階、地下1階
交通アクセス 【電車】地下鉄名城線「市役所」駅から徒歩1分
駐車場 駐車場あり
電話番号 052-961-2111(代表)

名古屋市役所のご案内

名称 名古屋市役所(なごやしやくしょ)
場所(住所) 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号 地図で確認
様式 帝冠様式
竣工 昭和8年(1933)
設計 平林金吾、名古屋市建築課
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造り、地上5階、地下1階
交通アクセス 【電車】地下鉄名城線「市役所」駅から徒歩1分
駐車場 駐車場あり。※名古屋市役所の駐車場は狭いため、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。
電話番号 052-961-1111(代表)
備考

JR名古屋駅 太閤通口(新幹線口)徒歩4分。JR西日本グループ運営、ビジネスにも観光にも最適なホテル。全室個別空調、空気清浄機、無料wi-fi完備。全プラン焼きたてパンや名古屋名物だし茶漬けの無料朝食付。女性も安心レディースルーム完備。

関連記事・参考情報

お出かけ時の注意について

各記事の内容は掲載時の情報です。現状では異なる可能性があります。
営業時間や料金など変更になっている場合がありますので、
お出かけの際は、公式サイト等で最新の情報をご確認ください。

サイト内を検索する
▲このページのトップへ