旅に行き隊! 旅行記、写真、旅ガイド。Googleマップを利用して世界の国々や地球の自然、観光名所を紹介。
HOME 地理雑学 おもしろ画像 旅行記(国内) 旅行記(海外)
観光情報 [愛知県]

名古屋市市政資料館について

日本/愛知県

愛知県名古屋市の東区にある名古屋市市政資料館(なごやししせいしりょうかん)は、大正11年(1922)に名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所庁舎として建設されたネオ・バロック洋式の洋館です。昭和54年(1979)まで実際に使用され、平成元年(1989)に名古屋市市政資料館として整備・再生されました。

現在は市の公文書館として市政関連資料の閲覧ができるほか、建物・市政・司法に関する展示を行っています。歴史的背景および建築美をもつこの建物は、昭和59年(1984)に国の重要文化財に指定されました。なお、夜にはライトアップされます。

旅行時期 [2009年7月]

名古屋市市政資料館の写真


【名古屋市市政資料館】

この建物は大正11年9月に、名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所の合同庁舎として建てられたものです。約4年の歳月と当時の金額にして約90万円をかけ完成しました。

当時全国8ヶ所に設置された控訴院庁舎のうち、現在も残っているのは、名古屋と札幌の2ヶ所のみ。そして名古屋控訴院は、現存する最古の庁舎です。


【名古屋市市政資料館の正面入口】

建物は煉瓦および鉄筋コンクリート造り3階建て。中央にドームの架かった塔屋をあげ、白い花崗岩と赤い煉瓦タイルによる外観は、ネオ・バロック様式を基調とした美しいデザインです。

正面入口の大きく前方に突き出した車寄せの上部に、公正な裁判を意味する「神鏡と神剣」を組み合わせた装飾があります。これは、この建物が裁判を行うところであり、人が人を裁くという厳粛な行為が行われる神聖な場所、ということを表すものです。


【中央階段室、ステンドグラス】

中央階段室正面のステンドグラスには、元裁判所だったことから公正な裁判を象徴する「秤(はかり)」の絵が描かれています。市政資料館では、ステンドグラスやシャンデリア、漆喰塗りで大理石模様を描いた柱など、調度品も一見の価値があります。


【明治憲法下の法廷を再現】

展示室では法廷を再現

常設展示室では、「明治憲法下の法廷」と「現行憲法下の法廷」、「陪審法廷」の模様が再現されています。上の写真は大正11年にこの庁舎が新築された際の「名古屋控訴院第2号法廷」の模様です。正面の法壇中央に3人の判事、その左側に検事、右側に裁判所書記が着席しています。弁護士や被告のマネキンも置かれ、裁判所らしい厳かな雰囲気が感じられます。

名古屋市市政資料館のご案内

名称 名古屋市市政資料館(なごやししせいしりょうかん)
場所(住所) 愛知県名古屋市東区白壁1-3 地図で確認
開館時間 9時~17時
休館日 月曜(祝日の場合は翌日)、第3木曜(祝日の場合は第4木曜)、年末年始
料金 無料
交通アクセス 【電車】地下鉄名城線「市役所駅」下車、徒歩10分
駐車場 駐車場あり
電話番号 052-953-0051
備考

JR名古屋駅 太閤通口(新幹線口)徒歩4分。JR西日本グループ運営、ビジネスにも観光にも最適なホテル。全室個別空調、空気清浄機、無料wi-fi完備。全プラン焼きたてパンや名古屋名物だし茶漬けの無料朝食付。女性も安心レディースルーム完備。

関連記事・参考情報

お出かけ時の注意について

各記事の内容は掲載時の情報です。現状では異なる可能性があります。
営業時間や料金など変更になっている場合がありますので、
お出かけの際は、公式サイト等で最新の情報をご確認ください。

サイト内を検索する
▲このページのトップへ